結膜炎ってなに?お風呂でうつる結膜炎とうつらない結膜炎を紹介!

 

プールの季節になると気になるのが『結膜炎』

夏になると

「子供がプールで結膜炎をもらってしまった」

ということもあると思います。

 

結膜炎というと、うつるという印象がありますが、実は全ての結膜炎がうつるわけではありません。

そこで今回は、結膜炎の正しい知識をつけるため、結膜炎って何?というところから、結膜炎になってしまった子供と一緒にお風呂に入るときに注意したいことまでをご紹介します。

 

結膜炎ってなに?結膜炎の基礎知識

まず、結膜炎ってなに?というところなのですが、結膜炎とは、その名の通り目の「結膜」に起きる炎症のことです。

 

結膜は上の図でもわかるとおり、袋状になっています。

また、目を開いている間は常に外にさらされているので、雑菌などの異物が入り込みやすいのです。

さらに、涙で適度な湿気・温度・栄養が常に保たれているので、雑菌が繁殖しやすいのです。

 

プールなどの水場には、雑菌もたくさん。

一度入り込んだ雑菌が、最適な環境でどんどん繁殖してしまうので、その雑菌のせいで結膜に炎症が起きてしまうのです。

 

また結膜は袋状なので、花粉などのアレル物質も、一度入り込んでしまうと抜けにくいのです。

ですので、結膜炎は非常に身近な眼病となっています。

 

さてそんな結膜炎ですが、お風呂でうつる結膜炎と、うつらない結膜炎があります。

それぞれについて、これからご紹介していきます。

 

お風呂でうつる結膜炎って?

お風呂でうつる結膜炎は

  • ウイルス性結膜炎
  • 細菌性結膜炎
  • クラミジア結膜炎

があります。

 

ウイルス性結膜炎の症状や治療法は?

ウイルス性結膜炎には、「はやり目」や「プール熱」といったものがあります。

プールでもらってしまう結膜炎は、ウィルス性結膜炎です。

その名の通り、ウィルスが原因で、結膜に炎症が起きます。

 

ウィルス性の結膜炎の症状としては「充血」「目やに」「まぶたの腫れ」「まぶたの裏のブツブツ」「目がゴロゴロする」などがあります。

 

炎症を抑える目薬や、抗生物質の入っている目薬をさして治療します。

いずれにしても、お医者さんにかかりましょう。

 

細菌性結膜炎の症状や治療法は?

細菌性結膜炎は、結膜に細菌が感染して炎症が起きてしまうものです。

 

細菌性結膜炎の症状としては、「充血」や「目やに」です。

細菌性結膜炎も、抗生物質の入っている目薬で治療しますが、ウィルス性の結膜炎よりも短期間で治ります。

 

クラミジア結膜炎の症状や治療法は?

お母さんの産道から感染してしまうこともある結膜炎で、進行すると赤ちゃんの視力低下にも関わる結膜炎です。

数ヶ月単位で目薬をさす必要があるので、出産前には、お母さんの健康状態から気を配っておく必要があります。

 

お風呂でうつらない結膜炎って?

うつるという印象の強い結膜炎ですが、お風呂でうつらない結膜炎もあります。

それが、アレルギー性結膜炎です。

 

アレルギー性結膜炎の場合は、アレル物質が目に入って、アレルギー反応で結膜が炎症を起こしているので、うつることはありません。

症状としては「充血」「目やに」「まぶたの腫れ」や「目のかゆみ」「涙目」があります。

 

アレルギーを抑える目薬で治療する必要がありますが、お風呂に入っても他の人にうつったりはしません。

 

結膜炎の子供と一緒にお風呂に入るときに注意したいこと

結膜炎の子供と、どうしても一緒にお風呂に入らなければならない時があると思います。

他の家族にうつさないためにも、その時に注意したいことをご紹介します。

 

お風呂は最後に入る

結膜炎の子供と一緒にお風呂に入るときは、みんな入った後、最後に入るようにしましょう。

また、もったいないですが、お風呂のお湯は捨て、ふろおけなども含めて、お風呂全体をしっかりと掃除してください。

 

タオルを分ける

お風呂に入った後の体を拭くタオルは、別々にしましょう。

また、結膜炎の子供が使ったタオルは手洗いで洗濯し、その後手を良く洗ってください。

洗ったタオルは日光にしっかりと当てて干し、日光消毒しましょう。

 

おしりなどを洗ってから湯船に入る

結膜炎が治りかけても、注意が必要です。

結膜炎のウィルスは、目の症状が消えた後も、腸の中にいます。

この腸の中にいる結膜炎のウィルスは、うんちと一緒に出るため、おしりについています

 

そのため、湯船に入る前には、必ずおしりを洗わせてから入れましょう。

 

結膜炎のまとめ

いかがでしたでしょうか?

結膜炎にはうつるものとうつらないものがありますが、基本的には「うつるもの」として対応したほうが良さそうです。

おさらいですが、プールでもらってきてしまった結膜炎は「ウィルス性結膜炎」「うつる」結膜炎でした。

 

結膜炎を完全に防ぐことはムリなので、結膜炎になってしまったときには、お医者さんにいって目薬をもらうなど、適切な処置をして、家族など他の人にうつさないようにしましょう。

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓