食べ物を使った眼精疲労の解消法をご紹介!あの食べ物も効果アリ?

肩こりや頭痛など、体調面で様々なツライ症状が現れてしまう眼精疲労。

一度眼精疲労になってしまうと、症状が改善されるまでには長い時間を要してしまいます。

できれば眼精疲労になる前に予防したいところですが、近年はパソコンを使った仕事が増えたり、スマホの普及によって、眼精疲労のリスクは非常に高くなっているのが現状です。

 

眼精疲労は、もともとは目の疲れが原因で引き起こされてしまうものです。

目の疲れを取るには、十分な休息はもちろん、日々の食生活にも気を配る必要があります。

 

そこで、眼精疲労の解消に効果的な食べ物を集めてみました。

目に良いとされる”あの”食べ物も、眼精疲労の解消に効果があるようですよ!

今回は、食べ物を使った眼精疲労の解消法をご紹介したいと思います。

 

食べ物を使った眼精疲労の解消法とは?

食べ物を使って眼精疲労を解消していくためには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれた食べ物を食べることが重要です。

緑黄色野菜や魚といった食べ物をしっかり摂ることで、眼精疲労は少しずつ解消されていきます。

これから具体的な栄養成分と食べ物を挙げて、眼精疲労の解消法をご紹介していきます。

 

食べ物を使った眼精疲労の解消法1.ビタミンAを摂る

先ほどご紹介した「目に良いとされる”あの”食べ物」とは、ブルーベリーのことです。

ブルーベリーにはビタミンAが豊富に含まれています。

 

ビタミンAは、角膜や網膜の細胞や、角膜の表面を保護する粘液を活性化させます。

簡単に言うと、目の新陳代謝を促してくれるビタミンなのです。

 

ビタミンAが不足すると、暗いところが良く見えなくなる「夜盲症」の原因となります。

目がしょぼしょぼしたり、遠くがかすむ方は、ビタミンAを積極的に摂取しましょう!

 

ビタミンAを含む食べ物は、ブルーベリー以外にも

  • レバー
  • 卵黄
  • ほうれん草

などにも、多く含まれています。

 

食べ物を使った眼精疲労の解消法2.ビタミンB群を摂る

食べ物からビタミンB群を摂ることも、眼精疲労の解消法のひとつです。

 

ビタミンB1・B12は、視神経の働きを高め、視力低下も防いでくれます。

豚肉やサバ・イワシなど背中の青い魚、ゴマや大豆に多く含まれます。

 

ビタミンB6はビタミンB群の中でも、最も眼精疲労の解消に効果的です。

眼精疲労の元である「目の疲れ」の原因は、毛様体筋の疲れです。

毛様体筋は、その名の通り「筋肉」ですので、タンパク質が主成分です。

 

ビタミンB6は、体にたんぱく質を吸収するために、絶対に必要なビタミンなのです。

そのため、ビタミンB6が不足すると、そのまま眼精疲労の原因になってしまいます。

 

食べ物を使った眼精疲労の解消法3.ビタミンCを摂る

ビタミンCを摂ることもまた、眼精疲労の解消に効果的です。

 

目の中の水晶体は、ビタミンCの塊です。

ビタミンCは、水晶体の透明度を保つのに必須のビタミンです。

 

加齢や強い衝撃などによって水晶体が濁ってしまう病気が、白内障です。

白内障もまた、目の疲れの原因です。

 

ビタミンCは、ブロッコリーやピーマン、キャベツといった緑黄色野菜や、かぼちゃやサツマイモにも多く含まれます。

緑黄色野菜のビタミンCは熱に弱いので、サラダなど熱を加えない調理法がオススメです。

かぼちゃやサツマイモなどのビタミンCは比較的熱に強いため、煮物にしてもOKです。

 

食べ物を使った眼精疲労の解消法4.ビタミンEを摂る

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

その理由は、ビタミンEの抗酸化作用

抗酸化作用によって目の血行が良くなり、目の老化を防ぎます。

また、ビタミンEは、糖尿病性網膜症の改善にも有効なビタミンです。

 

ビタミンEを多く含む食べ物は、植物油や大豆、玄米、さば、いか、まぐろなどがあります。

慢性的に目の疲れを感じる方には、積極的に摂取して欲しいビタミンです。

 

食べ物を使った眼精疲労の解消法5.各種ミネラルを摂る

亜鉛をはじめとする、各種のミネラルを摂ることも、眼精疲労の解消法として効果的です。

というよりも、ミネラルが無いと、先ほど挙げた各種のビタミンも機能しません。

 

目に良いミネラルは

  • 亜鉛
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • ナトリウム
  • セレン
  • マンガン

などがありますが、中でも亜鉛は、不足しがちな割に、目にとって重要な働きをしています。

亜鉛はビタミンCと共に働き、角膜や網膜を構成している「コラーゲン」の合成を促してくれるのです。

亜鉛は、カキやシジミ、ほうれん草に多く含まれています。

 

食べ物を使った眼精疲労の解消法は、意外と難しい・・・

以上、食べ物を使った眼精疲労の解消法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

緑黄色野菜や魚介類など、健康に良いのは分かっているけれど、ついつい不足しがちな食べ物が挙がっていたと思います。

 

一昔前であれば、普通に食卓に上がっていた食べ物も多いのですが、現代は忙しくて、なかなか料理ができなかったりして、食べ物を使った眼精疲労の解消法は意外と難しいというのが正直なところかと思います。

 

そこで活用したいのが、目に良いサプリメントです。

私も勉強のために様々な目に関する本を読みましたが、眼科医もサプリメントの摂取を勧めていました。

とかく現代の食生活では、眼精疲労などの解消に役立つ栄養素が不足しがちなのです。

 

もちろん食事で摂取できることが一番です。

しかし忙しい現代では、自宅で調理することすら、ままならないことも多いです。

 

パソコン作業などで目は疲れるし、目に良い栄養素もなかなか摂取できない。

この問題を解消してくれるのが、目に良いサプリメントなのです。

 

当ブログでは、目に良いサプリメントとして【めなり】をご紹介しています。

【めなり】についてはこちらに詳細をまとめました。

眼精疲労にお悩みの方は、一度ごらんになってください。

目に良いサプリメント【めなり】の口コミは?その信憑性も検証!

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓