緑内障の改善に効果的なツボの場所と、マッサージ方法をご紹介!

緑内障は、視神経が傷ついてしまうことにより、視野が失われていく、怖い目のトラブルです。

緑内障については、こちらにまとめました。

緑内障は最大の失明原因!緑内障の原因と症状、解決策と予防方法まとめ

 

視神経が傷ついてしまう原因は、いくつかあります。

例を挙げると

  • 強い近視
  • 体質
  • 加齢
  • 血行不良
  • 高い眼圧

などがあります。

 

このとおり、緑内障には眼圧の高さが原因のタイプと、そうでないタイプがあります。

今回は眼圧が高いタイプの緑内障に効果的なツボと、そうでないタイプの緑内障に効果的なツボの2種類をご紹介します。

 

緑内障の改善に効果的なツボの場所と、マッサージ方法

まずご紹介するのは、緑内障の改善に効果的な、眼圧を下げるツボです。

後頭部に【玉枕(ぎょくちん)】【天柱(てんちゅう)】の2つがあります。

 

 

それではまず、【玉枕】の方から、動画を見て探してみましょう。

【玉枕】の場所は、人によって若干違うようですね。

後頭部の一番出っ張っている場所から、指2本分ほど耳側が目安です。

 

続いて【天柱】の場所を、動画を見て探してみましょう。

【天柱】は、何にでも効くツボとして紹介されていますね(笑)

 

特にうつ症状に効くともされていますね。

緑内障で視野に問題が生じた場合、気分が落ち込み、うつ症状になりがちなこともあります。

緑内障の予防と進行、さらに緑内障で起きるメンタル面のケアまで出来てしまうとは、素晴らしいツボです。

 

【玉枕】【天柱】どちらも、中指で押さえるという簡単なマッサージ方法ですので、場所を選ばずできるのも良いですね!

実際に私もやってみましたが、本当に目の方にグーッと何か刺激がきました!

 

緑内障の改善に効果的なツボ【還晴】の場所とマッサージ方法

続いては緑内障に効果的な、血行促進のツボ【還晴】のご紹介です。

この【還晴】というツボは、中国の鍼治療の中で発見された、緑内障の人が光を取り戻すためのツボです。

 

目に効くツボが何で腕にあるの?という疑問がありますが、これは「経路」という考え方によるものです。

目に効くツボが、この【還晴】の延長線上にあるから、ここをマッサージすることで効果が出るということです。

【還晴】の場所は、肩の付け根と肘の中間です。

腕の外側にあります。

 

緑内障の改善に効果的!【還晴】の簡単マッサージ方法

【還晴】は、親指を使って力強くマッサージします。

指先をグッと押し込むようにしてマッサージしましょう。

ペンなどで押しても良いようです。

 

押し込む時間は約4秒間。

15回を1セットとしてマッサージしてください。

 

【還晴】もどこでも出来て、簡単なマッサージですね!

 

緑内障で一度欠けた視野の回復は難しい

今回ご紹介したツボとマッサージ法は、あくまでも補助的なものとして捕らえてください。

確かに緑内障の改善に効果的なツボなのですが、一度欠けた視野の回復は難しいものです。

ですが、ある程度の症状の改善と、進行を防ぐ効果は期待できます。

 

また、基本的にツボのマッサージは血行を促進する効果があります。

そして緑内障にも、血行促進は効果的です。

血行不良は緑内障のリスクを高めてしまいますからね。

 

血行を良くするためには、運動や栄養バランスの考えられた食生活が必要です。

しかし現代では、ファストフードなど栄養が偏り、油の多く使われた食事が増えています。

忙しいこともあり、なかなか栄養バランスの考えられた食生活は難しいですよね。

 

そこで活用したいのが、サプリメントです。

もちろん、こちらもマッサージ同様、あくまで補助として使う必要があります。

目に良いとされるアントシアニンには血行促進の効果が期待されていますので、アントシアニンを含んだサプリメントなんかも良いでしょう。

 

アントシアニンを含んだサプリメントの中でも、特に【めなり】というサプリメントは成分も濃く、人気が高いです。

【めなり】が気になる方は、こちらの記事にまとめましたので、ご参照ください。

目のトラブルに嬉しいアイケアサプリメント【めなり】とは?

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓