老眼はレーシックで治るの?集団訴訟も起きたレーシック手術が招く目のトラブルとは?

平均して40代から近くが見えにくくなる「老眼」

近くを見るときに目が疲れるから、何とかしたいと思ってイロイロ探した結果「レーシック」にたどり着く方も多いのではないでしょうか?

 

今回、老眼はレーシックで治るのか?という疑問については、最初にハッキリさせておきます。

老眼はレーシックでは治りません。

公益社団法人 日本眼科医会のホームページでも以下の通り明記されています。

40歳以上の方では調節力の低下、いわゆる老眼が始まりますが、レーシックで矯正することはできません。レーシックによって遠方の視力が向上しても、近くのものの見づらさが増すことがあります。

 

しかし、世の中には「最先端」を謳って、「日本に一台しかない機械」などと言い、老眼はレーシックで治ると言っている医師?もいます。

 

藁にもすがる思いというのもわかりますが、目は本当に繊細な器官ですので、今一度冷静に考えてみましょう。

今回は、レーシックのメリットやデメリットについて、ご紹介していきます。

 

レーシック手術のメリット

レーシック手術は、「近視」「遠視」「乱視」といった目の屈折異常の人が、裸眼でよく見えるようにするための手術です。

メガネやコンタクトレンズから開放されることが、最大にして唯一のメリットと言えます。

再度申し上げますが、老眼は矯正できません。

 

集団訴訟も。レーシック手術が招く可能性のある目のトラブル

メガネやコンタクトレンズから開放されることは、とても大きなメリットだと思います。

しかし、レーシック手術にはこんな問題もあります。

レーシック手術の後遺症をめぐった、集団訴訟です。

 

その他にも、後々にまで響く可能性がある目のトラブルがあります。

 

角膜に起こるトラブル

レーシック手術では、角膜の一部を薄く削ります。

角膜が薄くなることで、光がまぶしく感じられたり、夜間の光が滲んで見えたりします。

角膜は再生しないので、こういったトラブルが発生した場合、一生元に戻りません。

 

また、角膜を多く削ってしまうと、他の場所に歪みが生じ、最終的に角膜が変形してしまいます。

角膜が変形してしまうと、視力が低下します。

 

また、手術後の感染症によって角膜が濁ったり、最悪の場合は失明に至ることもあります。

 

一時的にドライアイになる

レーシック手術の中で、角膜の知覚神経が切断されます。

これにより、年単位でドライアイになったり、ドライアイが悪化したりします。

徐々によくなってはきますが、元通りになるかは個人差があります。

 

他の目の病気にも関連するトラブル

レーシックの手術で角膜を薄くすることで、眼圧が正確に測れなくなります。

これは、緑内障を見逃してしまう可能性を高めます。

緑内障は、放置しておくと徐々に視野が欠け、最後は失明に至ります。

緑内障は最大の失明原因!緑内障の原因と症状、解決策と予防方法まとめ

 

また、白内障になった時、失明を避けるために「眼内レンズ」という物を入れる手術をすることがあります。

眼内レンズ

徐々に濁っていく水晶体の変わりに、人工のレンズを入れるという手術です。

レーシック手術をしてしまうと、この「眼内レンズ」の度数を正確に計測できなくなります。

レーシック前の目の状態と、手術の内容がわかれば、ある程度の参考にはなりますが、正確に計測することは困難です。

 

このように、緑内障や白内障など、他の目の病気にも関連するトラブルも、レーシック手術には付いてきます。

 

老眼はレーシックで治らないし、どうであれオススメできない

冒頭からお話していますとおり、老眼はレーシックでは治りません。

しかも、一生治らない目のトラブルに見舞われてしまう可能性もあります。

老眼には、きちんと選んだ老眼鏡で対処しましょう。

老眼鏡の正しい選び方~その老眼鏡、疲れませんか?~

 

さらに、わたしたちは80代以降になるとほぼ100%の確立で白内障になります。

そのときは、確実に手術が困難になります。

私は既に白内障を患っているので、加齢により白内障になるのも早いでしょう。

なので、私は絶対にレーシック手術を受けません。

10代から外傷性白内障の私の紹介と、目トラブルとの付き合い方

 

また、レーシックについては、先ほどの動画のように集団訴訟も起こされています。

原告の方々は、

  • サングラスが欠かせない
  • 対向車のライトが10個に見える(老眼レーシック手術後)

といった後遺症に悩まされています。

 

メガネやコンタクトレンズから開放されるのは、とても清々しいことと思います。

ですがその結果、死ぬまで目のトラブルと付き合っていかなければならないことを考えると、私はどのような理由でもオススメできません。

 

また、2011年に行われたアンケートで、Asc Doctorsが眼科医100人に行ったものがあります。

お題は「家族や友人がレーシック手術を望んだ場合に賛成するか?」です。

結果は、賛成37%・反対37%・わからない26%というものでした。

 

レーシック手術に賛成の眼科医は、4割未満です。

目は一生付き合うものですから、神経質なほどに慎重になったほうが良いと思います。

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓