老眼を自覚する平均年齢は42歳!老眼の進行を遅らせる3つの方法とは?

皆さん結構、老眼になる年齢を気にしていらっしゃるようですね。

老眼を自覚する平均年齢は、だいたい42歳頃と言われています。

この頃になると、働いている方は徐々に責任も増し、日々の疲れが抜けにくくなってきているでしょう。

毎日、しんどいですよね(笑)

 

目の疲れも抜けにくくなってきて、気付くと

「あれ?近くが見えづらい・・・」

という症状が。

これが老眼の始まりです。

 

老眼は、誰もがなってしまう症状ですが、老眼を自覚する年齢を遅らせることも可能です。

ということで今回は、3つの老眼自覚する年齢を遅らせる方法をご紹介していきます。

 

老眼を自覚する平均年齢は42歳

老眼を自覚する年齢は、概ね40代です。

40代前半に気付き始める人が出てきて、40代も後半になると結構な方が老眼を自覚するようになります。

中には30代から老眼を自覚する人もいますし、遅ければ60代の方もいます。

このように、老眼は様々な年齢で自覚し始めますが、その平均年齢は42歳頃ということのようです。

 

どうしてこのように、老眼を自覚する年齢に開きがあるのでしょうか?

それは、その人によっていつも行っている行動が違うからです。

詳しくは、こちらにもまとめました。

老眼が始まるのはいつから?意外と早い老眼の発症年齢と原因について

 

例えば、日頃から繊細な手作業を行っている方で、目と物が比較的近いようなお仕事をされている方は、30代でも老眼を自覚することがあります。

反対に、あまり細かい文字や、手元を見る仕事ではない方は、老眼を自覚する年齢は遅くなります。

 

老眼は、近い場所が見えづらくなる症状です。

日常で、近い場所にピントを合わせる必要があまりない方は、単純に気付く機会が少ないのです。

そのため、老眼を自覚する年齢が遅くなる傾向にあるということです。

 

老眼の進行を遅らせる3つの方法とは?

近い場所にピントを合わせなければ老眼を自覚しにくいとはいえ、仕事をそう簡単に変えることもできません。

また最近は、パソコンを使ってする仕事も多くなりました。

老眼を早めに自覚する条件は、とても多いように感じます。

 

それでも、老眼の進行を遅らせる方法は、ちゃんとあります。

これから、老眼の進行を遅らせる3つの方法をご紹介していきます。

 

老眼の進行を遅らせる方法その1.目の筋トレ

老眼の原因は、目のピント調節機能が衰えることです。

目のピント調節には、「毛様体筋」という目の筋肉が関わっています。

 

ピント調節機能が衰える原因は大きく2つあり、そのうちのひとつが、毛様体筋の衰えです。

目の筋トレをすることにより、ピント調節の筋肉を若々しく保てば、老眼の進行を遅らせることが出来ます。

 

ピント調節機能が衰えるもうひとつの原因は、水晶体の硬化です。

水晶体が硬くなると、ピント調節がしづらくなります。

目の筋トレをすることで、水晶体が硬くなってしまうことも、ある程度は防げます。

(老化により、水晶体は自然と硬くなります。)

 

老眼の進行を遅らせる方法その2.栄養補給

方法その1にも書きましたとおり、ピント調節の筋肉を強くすれば、老眼の進行を遅らせることができます。

そのために目の筋トレをご紹介しましたが、筋肉を動かすには栄養が必要です。

そして筋肉に栄養を運ぶのは、血液です。

 

例えば、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンには、血行促進効果が期待できます。

また、血管を強くする効果も期待できます。

アントシアニンについては、こちらにまとめてみました。

ブルーベリーは目に良いの?ブルーベリーの本当のところ

 

また、ルテインは目の健康に欠かせない栄養成分です。

目に良いルテインは天然のサングラス!?ほうれん草に含まれるルテインの正体は?

 

こうして目に良いとされる栄養を補給することも、老眼の進行を遅らせる1つの方法といえます。

ただ、目に良い栄養だけを考えると、それはそれで食事が偏ってしまいます。

そこで、サプリメントという選択肢が出てきます。

 

私のオススメは【目なり】というサプリメントです。

詳しくはこちらにまとめてみましたので、興味のある方はご参照ください。

目のトラブルに嬉しいアイケアサプリメント【めなり】とは?

 

老眼の進行を遅らせる方法その3.生活習慣の見直し

老眼の進行を遅らせる方法で、最も大切なのが生活習慣の見直しです。

生活習慣というと、食事とか運動に限定して考えてしまいがちです。

しかし、眼の場合は「遠くを見る習慣」なども含まれてきます。

 

しつこいようですが、老眼の主な原因は、ピント調節機能の衰えです。

遠くを見る習慣は、方法その1の目の筋トレにも関わってきます。

そして、食事や運動で血行が良くすることは、方法その2の栄養補給に関わってきます。

 

結局、体に良いとされることは、老眼にも良いのです。

 

それでも老眼は防げない

このように、老眼の進行を遅らせることは、いくらかは可能です。

しかし、肌が衰えるように、目も必ず衰えます。

肌であれば「シワ」

目であれば「老眼」

というだけの話です。

 

老眼を治療したいという方もいらっしゃいますが、それは「肌のシワ伸ばし」と同じようなことです。

それが良いか悪いかは、人それぞれの判断ですが、どうしたって老眼を防ぐことは出来ません。

 

目も体の一部と再認識し、健康に留意しすれば、ある程度老眼の進行は遅らせることも出来ます。

それでもどうしようもない部分は、しっかりと認め、老いと向き合っていくのが、最も良い老眼との付き合い方かなと思います。
 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓