目の紫外線対策に色つきのサングラスは効果あり?目の日焼け予防法!

目の紫外線対策、色つきのサングラスは効果あり?の画像

いよいよ今年も、紫外線が気になる季節になってきました!

外で活動しやすい季候にもなってきて、アウトドアやスポーツも楽しめるようにもなってきましたが、そこで気をつけたいのが「目の日焼け」。

 

そんな目の日焼け予防として有効なのがサングラスですが、サングラスの「色」は、目の紫外線対策にどんな効果があるのでしょうか?

 

色が濃いほうが、紫外線予防に効果がありそうな気がしますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

今回は、「目の紫外線対策に、色つきのサングラスは効果があるのか?」ということを見ていきたいと思います。

 

目の紫外線対策に、サングラスの色は関係ある?

結論から言ってしまうと、目の紫外線対策にサングラスの色は関係ありません。

サングラスは色よりも性能、紫外線カット率の方が重要です。

 

紫外線カット率は、その数値が高いほど、目の紫外線対策に効果が高いです。

(紫外線カット率99%以上など)

 

また、サングラスの性能は、紫外線透過率で表記されることもありますが、この場合は数値が低いほうが効果が高いです。

(紫外線透過率1.0%以下など)

 

さらに、紫外線カット率の低い色つきのサングラスを使うと、目に悪影響がでる可能性さえあります。

濃い色がついたのサングラスをつけると、瞳孔が開き、より多くの紫外線が目の中に入ってきてしまうからです。

(暗いところで瞳が大きくなるのと同じ状況+強い紫外線という感じです)

 

ですので、目の紫外線対策には、サングラスの「色」よりも、紫外線カット率などの「性能」の方が重要なのです。

 

目の紫外線対策をしないと、どうなってしまうの?

目の紫外線対策をしないと、目がダメージを受けてしまいます。

日差しの強い日に外で活動して、目が充血したことはありませんか?

実はあの充血は、ダメージを受けた目を修復しようとして、目に栄養をたくさん送り込んでいるからです。

 

裏を返せば、紫外線によってそれほどまでに目がダメージを受けているということです。

この紫外線によるダメージが蓄積していくと、こんな眼病を引き起こす可能性があります。

  • 白内障
  • 黄斑変性症
  • 角膜炎

 

白内障と黄斑変性症は、最悪失明にもつながる深刻な眼病です。

しっかりと目の紫外線対策にも気を配りたいところですね!

 

目の紫外線対策には、天然の色素も効果的!

実は、人間の目には、元から紫外線をカットする仕組みが備わっています。

それが、網膜にある「ルテイン」という天然の色素です。

お花のマリーゴールドの色が、ルテインの色です。

マリーゴールドの花の画像

マリーゴールドの花。

 

このルテインは「天然のサングラス」とも呼ばれ、目に入ってきた紫外線が目を傷つけるのを防いでくれます。

マリーゴールドを見た後だとあまりイメージが湧かないかもしれませんが、実はルテインはほうれん草に多く含まれています。

 

しかし、紫外線の季節に毎日ほうれん草ばかり食べているわけにもいきませんよね?

そこで、ルテインを豊富に含むサプリメントを活用するという手もあります。

ビルベリー&ルテイン配合サプリ【めなり】

 

目の日焼け予防法とは?

今回は、目の紫外線対策に色つきのサングラスは効果があるのか?ということから、天然のサングラスまでご紹介してきました。

そこで最後に、目の日焼け予防法をまとめたいと思います。

目の日焼け予防法

  • サングラスは色ではなく、性能で選ぶ!
  • 天然のサングラス「ルテイン」を補給する!
  • 帽子や日傘も併用すると、よりGOOD!

 

先ほどもご紹介しましたが、目への紫外線のダメージというのは、かなり深刻な問題も引き起こします。

外に出ることが多くなるこれからの季節、肌だけでなく目の紫外線予防にも、しっかりと気を配ってくださいね。

 

関連記事はこちら↓↓↓

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓