目に良い食べ物と、その栄養成分の効果・効能とは?

目に良い食べ物や栄養成分というと、皆さん何を思い浮かべるでしょうか?

一般的にはブルーベリーのアントシアニンであったり、魚のDHAが目に良いと言われておりますが、目に良い食べ物と栄養成分は他にもイロイロあるんです。

 

今回はそんな目に良い食べ物の種類と、それから栄養成分の効果効能について、ご紹介していきます。

中には不足すると眼病に繋がる栄養素もありますので、目の健康を考えている方は要チェックです!

 

目に良い食べ物の代表は緑黄色野菜!?目に良い色素類の栄養成分とは?

ブルーベリーの紫、トマトの赤、ほうれん草の緑、ニンジンの赤。

これらの緑黄色野菜の色は、すべて天然の色素の色です。

緑黄色野菜は、これらの色素を使って、時に紫外線から身を守ったりしています。

 

そしてこれらの色素は、わたしたちの目にも良い効果をもたらします。

しかしわたしたち人間は、これらの色素を体内で作ることが出来ません。

よって、「目に良い」とされる食べ物から、食事で摂取する他ないのです。

 

アントシアニンの効果・効能と、アントシアニンを多く含む目に良い食べ物は?

「目に良い栄養素」として多くの方が知っているであろう栄養成分は、アントシアニンではないでしょうか?

アントシアニンはブルーベリーの皮に含まれ、抗酸化作用や血管強化・血行促進効果が期待できる栄養成分です。

 

実験では、糖尿病性網膜症または、高血圧性網膜症患者と白内障患者に一定の効果があったとの記録もあります。

 

アントシアニンを多く含む食べ物は、ビルベリー(ブルーベリー)、カシス、アサイーベリー、アロニアです。

カシスに含まれるアントシアニンはカシスアントシアニンと呼ばれ、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンとは少し違います。

しかし基本的には、血行を促進する効果が期待されているので、劇的に違うわけではありません。

 

ブルーベリーとアントシアニンの詳細についてはこちらからどうぞ。

ブルーベリーは目に良いの?ブルーベリーの本当のところ

 

ルテイン・ゼアキサンチンの効果・効能と、ルテイン・ゼアキサンチンを多く含む目に良い食べ物は?

ルテインとゼアキサンチンは「目に良い栄養素」として、古くから知られている栄養成分です。

ルテインやゼアキサンチンには、紫外線やパソコンなどから出るブルーライトから網膜を守る役割があります。

そのため、「天然のサングラス」の異名もあるほどです。

 

目の網膜の中でもっとも敏感な部分を「黄斑」といい、ルテインとゼアキサンチンはその黄斑部の色素成分でもあります。

実験では、加齢黄斑変性と白内障に一定の効果が認められた記録があります。

 

ルテインやゼアキサンチンを多く含む食べ物は、ほうれん草、ブロッコリー、ケールです。

食べ物ではありませんが、マリーゴールドという花の色は、ルテインの色そのまんまです。

 

ルテインについての詳細はこちらからどうぞ。

目に良いルテインは天然のサングラス!?ほうれん草に含まれるルテインの正体は?

 

β(ベータ)カロテンの効果・効能と、βカロテンを多く含む目に良い食べ物は?

βカロテンは、夜間の視力の維持を助ける栄養素として、栄養機能表示の出来る栄養素です。

栄養機能表示の出来る栄養素とは、人の生命活動に必要不可欠な栄養素のことです。

 

βカロテンには免疫賦活作用や抗酸化作用があるほか、体内で必要な分だけビタミンAに変換される効果もあります。

ビタミンAは、不足すると「夜盲症」の原因となりますが、現代ではほとんどビタミンAが不足することはありません。

 

βカロテンを多く含む食べ物はニンジン、春菊、ほうれん草、小松菜です。

 

リコピンの効果・効能と、リコピンを多く含む目に良い食べ物は?

リコピンは、その強い抗酸化力で「がん予防に効果的」として知られる栄養素です。

前述のβカロテンの2倍以上の抗酸化力があるといわれています。

 

リコピンを多く含む食べ物はトマトです。

その他、スイカや杏、ピンクグレープフルーツにも含まれます。

トマトでも、生のものより、濃縮された加工品からの方が、リコピンの吸収率は良いです。

 

アスタキサンチンの効果・効能と、アスタキサンチンを多く含む目に良い食べ物は?

アスタキサンチンは、抗酸化力が非常に強い海産性の栄養素です。

「若返り」の効果があるとして、美容化粧品などに多く採用されています。

 

その抗酸化力は、ビタミンEの1,000倍とも言われ、前述のリコピンの約10倍です。

視覚機能に対する実験も多く行われていて、眼精疲労の改善や、視覚機能の向上が期待できます。

 

アスタキサンチンを多く含む食べ物はシャケ、いくら、エビ、カニです。

 

アスタキサンチンの詳細については、こちらからどうぞ。

抗酸化作用が目に良いとされるアスタキサンチンの効果・効能とは?

 

ビタミン類の効果・効能と、ビタミン類を多く含む目に良い食べ物は?

ビタミン類は、その多くが機能性表示の出来るものであり、わたしたち人間の健康に欠かせない栄養素です。

目だけではなく、体全体の健康に必要な栄養素なので、進んで摂取しましょう。

 

ビタミンAの効果・効能と、ビタミンAを多く含む食べ物は?

ビタミンAはβカロテンとセットで語られることの多い栄養素です。

ビタミンAが不足すると、夜に目が利かなくなる「夜盲症」となってしまいますが、現代の食事でビタミンAが不足することはほとんどありません。

 

ビタミンAが多く含まれる食べ物は、大根の葉、ニラ、かぼちゃ、ルッコラです。

 

ビタミンB群の効果・効能と、ビタミンB群を多く含む目に良い食べ物は?

ビタミンBにはいくつも種類があり、どれも体の機能と非常に密接に関わっています。

ビタミンB○○とつくものから、ナイアシンやビオチンなども含めて、ビタミンB群と呼びます。

 

ビタミンB群を多く含む食べ物は、ビタミンB1なら豚肉、B2なら豚や牛のレバー、B6ならにんにく、B12ならしじみです。

また、ビオチンなら豚レバー、ナイアシンならキハダマグロ、葉酸なら鶏や豚のレバーです。

 

このように、食事からビタミンB群を摂取しようとした場合、肉・野菜・魚のバランスの良い食事が必要になります。

 

ビタミンCの効果・効能と、ビタミンCを多く含む目に良い食べ物は?

ビタミンCは、主に抗酸化作用で体の健康を守っています。

皮膚や粘膜の健康維持にも必要不可欠な栄養素です。

また、ビタミンCは免疫機能を高める効果もあるので、不足すると様々な不調が現れます。

 

また、目の中の「水晶体」は、ビタミンCの塊のようなものです。

 

ビタミンCはレモンと思われがちですが、実は赤ピーマンや芽キャベツ、ブロッコリーに多く含まれています。

 

ビタミンEの効果・効能と、ビタミンEを多く含む目に良い食べ物は?

ビタミンEは、抗酸化作用から「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンEは体の至るところに存在し、不飽和脂肪酸が酸化してしまうのを防いでいます。

 

体の老化はつまるところ、酸化による劣化と言えるため、ビタミンEは若さを保つために必須の栄養成分なのです。

もちろん、体の若さ=目の若さでもあります。

 

ビタミンEを多く含む食べ物は、落花生、うなぎ、たらこ、ニラです。

 

亜鉛の効果・効能と、亜鉛を多く含む目に良い食べ物は?

亜鉛はミネラルの一種で、体の多くの健康機能に関わっています。

味覚や細胞の代謝に関係しているので、亜鉛が不足すると味覚がおかしくなったり、男性機能が衰えたりします。

 

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣、豚レバー、赤身肉です。

 

DHA・EPAの効果・効能と、DHA・EPAを多く含む目に良い食べ物は?

DHAやEPAは血液サラサラ効果があるとして有名ですね。

また、頭が良くなる栄養成分としても有名です。

頭が良くなるのはDHAで、血液サラサラ効果が強いのがEPAと言われています。

 

特に目に効果があるとされるのはDHAで、視覚機能の向上、加齢黄斑変性の予防などの効果が期待できます。

 

DHAやEPAを多く含む食べ物は、サバやイワシなど、背中の青い「青魚」と呼ばれる魚です。

中でも、マグロやカツオの目の脂肪には、高濃度のDHAが含まれています。

 

DHA・EPAについての詳細は、こちらからどうぞ。

DHAとEPAは目にも効果あり!?違いや多く含む食べ物もご紹介!

 

目に良い食べ物=体に良い食べ物です。

今まで見てきた中で、「初めて聞いた」という栄養成分は、ほとんど無いと思います。

というのも、目に良い食べ物というのは、そのまま体に良い食べ物と言い換えられるからです。

 

ルテインやアントシアニンなどは、特に目への良い効果が期待されていますが、抗酸化作用や血行促進作用、ビタミン類の健康効果などは、体全体にとって良い効果が期待されるものです。

 

中には、不足すると眼病になってしまうもの(ビタミンA不足の夜盲症など)もありました。

しかし、基本的にどれも不足してしまうと、体自体に不具合が起きてくるような栄養成分ばかりです。

しっかりと食生活を正せば、目も健康でいられる確率が高くなります。

 

どうしても苦手なもの、食べられないものがあったら、その食べ物が含む栄養成分を他で摂取するようにしましょう。

それには、各種のサプリメントも効果的です。

現代には、栄養を確保するための様々な手段があります。

あの手この手を使って、体に必要な栄養成分をしっかりと摂取していきましょう。

 

最後に、目の健康にピッタリのサプリメントのご紹介です。

ビルベリーのアントシアニンや、マリーゴールドのルテインをはじめ、各種ビタミン・亜鉛も含む特別なサプリメントです。

詳細をこちらのページにまとめましたので、興味がある方はご参照ください。

目のトラブルに嬉しいアイケアサプリメント【めなり】とは?

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓