目に良いルテインは天然のサングラス!?ほうれん草に含まれるルテインの正体は?

「ルテインは天然のサングラス」

目の健康を気にしている方なら、一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

実際にルテインは、体の中で酸化防止剤として働き、紫外線を含む青色の光を吸収することが、科学的に示されています。

そのような科学的根拠から、わたしたち一般世間に「ルテインは天然のサングラス」として広まったのです。

 

ルテインを含む食べ物は、主に緑黄色野菜です。

その中でも、わたしたちにとって一番身近なのは「ほうれん草」です。

油で炒めたり、バターソテーにしても美味しいですよね!

 

今回は「天然のサングラス」とも呼ばれ、ほうれん草にたっぷり含まれている【ルテイン】についてご紹介していきます。

 

ルテインって何?その正体とは?

ルテインの正体は、天然の色素のひとつです。

単体では、黄色っぽい色をしています。

マリーゴールドという花をご存知でしょうか?

マリーゴールド

このマリーゴールドの花の色が、ルテインの色です。

 

ルテインには強い抗酸化作用があり、体の酸化を防いでくれます。

また、光そのものを遮る効果があり、さらに青い色を吸収するという特徴もあります。

植物は、このルテインによって、紫外線による活性酸素から自分達の身を守っているのです。

 

ルテインがどうして目に良いの?

 

ルテインは、目の中では水晶体や毛様体、虹彩などの目の様々な部位に存在しています。

いずれも、物を見ることにおいてとても重要な部位ですが、とくに重要なのは【網膜】と【水晶体】です。

 

網膜は目に入ってきた光が最終的に到達する場所で、視力や色覚など「見る」機能をつかさどっています。

網膜のうち、最も感度の高い部分は【黄斑部】と呼ばれます。

水晶体は、目に入ってきた光を屈折させ、ピントを合わせるためのレンズです。

 

これらの場所は、常に光にさらされている部分でもあります。

光にはエネルギーがあり、そのまま受け続けることは、目に大きなダメージを与えます。

そんな光から目を守るために、「天然のサングラス」であるルテインを使います。

 

ルテインを使うことによって、私たちは日々光から目を守っているのです。

 

ルテインが不足するとどうなるか?

ルテインが不足すると、白内障加齢黄斑変性症といった目の病気につながります。

これはもう、研究結果で明らかになっていることです。

 

白内障や加齢黄斑変性症というのは、今までお年寄りがなる病気だと思われてきましたが、現代日本ではそうともいえません。

原因は環境の変化です。

 

現代人の食生活は、往々にして栄養の偏ったものです。

パソコンやスマートフォンなど、強い光に長時間さらされることも多くなりました。

特にスマートフォンなどの画面から発生している青い光(ブルーライト)というのはエネルギーが強く、目へのダメージも大きいです。

 

目を守っているルテインが不足し、光にさらされる時間も増えて、光のパワーも強いとなれば、目の消耗が早くなるのも当然です。

 

ほうれん草にたっぷり含まれるルテイン

目を守る重要な役割をしているルテイン。

ルテインは、人間が自ら作り出すことは出来ないので、食べ物から摂取するしかありません。

 

ルテインがたっぷり含まれる食べ物で、もっとも身近なものが、冒頭にも紹介した「ほうれん草」です。

ルテインは、ほうれん草100g中に約10mgも含まれています。

他にルテインを多く含む野菜は、ブロッコリーやロメインレタスなどがありますが、これらのルテイン含有量は100g中1mg程度です。

 

ほうれん草には、他の野菜よりも圧倒的に多くのルテインが含まれています。

また、ルテインは「脂溶性」という性質を持っており、油に良く溶けます。

ですので、食べてルテインを摂取する場合は、油で炒めたりすると、効率よく体に吸収できるようになります。

 

ルテインって黄色じゃないの?

先ほどローズマリーを例に出して、「ルテインの色は黄色っぽい」とご紹介しました。

ところが、ほうれん草は緑色です。

なぜでしょう?

 

それは、緑色の野菜の表面を覆っている「葉緑素」の中にルテインが含まれるからです。

理科の授業で、植物が光合成する時に使うものと教えられた、アレです。

黄色っぽくなくても、ルテインはしっかり入っていますので安心してください!

 

不足したルテインは、サプリメントで補給!

目を守り、天然のサングラスとも呼ばれるルテイン。

目の健康にとても重要な役割を果たしていることは、ご理解いただけたかと思います。

 

ルテインはほうれん草にたっぷり含まれています。

でも、そんなにほうれん草ばかり毎日食べてもいられませんよね?

最近は時期によってはとっても高くなることもありますし、現実的ではありません。

 

そこで、不足しがちなルテインを補うために、サプリメントを使うという手もあります。

特に【めなり】というサプリメントは、目に必要な栄養を考えて作られていて、ルテインがなんと12mgも配合されています。

ルテイン12mgというと、ほうれん草100g分より多い量ですね。

 

目を守るのはルテインだけではなく、ゼアキサンチンという色素も、わずかながら使われています。

【めなり】には、このゼアキサンチンもしっかり配合されています。

目のトラブルに嬉しいアイケアサプリメント【めなり】とは?

 

いずれにしても、目の健康を守るために、ルテインは欠かせない栄養素です。

これはブームなどではありません。

数々の研究が、目の健康のためにルテインの重要性を実証しています。

 

しっかりとルテインを補給して、一生付き合う目を大切にしていきましょう。

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓