視界が歪む原因は加齢黄斑変性症という病気かも!?

「あれ、なんか歪んで見えるな・・・?」

こんな症状が起きたら、要注意です。

あなたの目で、【加齢黄斑変性症】という病気が進行しているかもしれません。

 

・・・と言われても、多くの方が加齢黄斑変性症って何?という感じかと思います。

今回は、60歳以上の方を悩ませる目のトラブル「加齢黄斑変性症」についてご紹介していきます。

予防方法もご紹介していますので、60歳以下の方もぜひお付き合いください!

 

視界が歪む原因の「加齢黄斑変性症」ってどんな病気?

 

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)とは、目に入ってきた光を受け止める「網膜」にある「黄斑部(おうはんぶ)」が、おかしくなってしまう病気です。

黄斑部は、目の中でも光を最も良く感じる部分です。

また、視界の中心部でもあります。

 

加齢黄斑変性症とは、この黄斑部という場所がおかしくなり、

  • 視界が歪む。
  • 視界の中心が見えなくなる。
  • 読み書きなどの細かい作業が困難になる。
  • 色が分かりづらくなる。

といった障害が出てきます。

 

視界が歪む加齢黄斑変性症の原因は?

加齢黄斑変性症の原因は、実のところ現在でも正確にはわかっていません。

しかし、細胞の寿命が原因であるとの考えが有力です。

そのため、60代以上の方が患うことが多くあります。

 

細胞にはあらかじめ決められた「時計」があり、ある時がくると機能が弱くなります。

そして、徐々に死んでいってしまうのです。

これが加齢黄斑変性症の原因と考えられています。

 

また、黄斑部の細胞の寿命には、生活習慣との関連性が指摘されています。

つまり、不摂生が寿命を縮めるように、黄斑部の寿命も縮めてしまうということです。

 

具体的には

  • 喫煙習慣
  • 網膜への紫外線ダメージ
  • 体の酸化
  • 血中の高コレステロール

などが、加齢黄斑変性症につながる生活習慣として挙げられます。

 

歪みの原因「加齢黄斑変性症」への対策は?

加齢黄斑変性症への対策は、先ほど原因として挙げた生活習慣を止めるようにすることです。

つまり

  • 禁煙する
  • 外出時はサングラスや帽子で、紫外線が目に入るのを防ぐ
  • 抗酸化作用のある物を食べる
  • 血中コレステロール値を下げる

ということです。

 

これらの対策は、実際に加齢黄斑変性症となってしまった後にも必要なことです。

加齢黄斑変性症の治療は、病気の進み具合によって違いますが、治療後の進行を防ぐためには、生活習慣の改善は必須です。

 

視界の歪みチェック!あなたは大丈夫?

ここで、あなたの目で黄斑変性症が進行していないかをチェックしてみましょう。

こちらの画像で確認することが出来ます。

この画像は、「アムスラーチャート」と呼ばれるものです。

手順をご説明します。

 

手順1. 30cmほど離れる。(眼鏡・コンタクトレンズはつけたままでOK)

手順2. 方目ずつ、画像の中の黒い点を見つめる。

 

必ず、片目ずつチェックしてみてください。

見え方に違和感がある場合は、すぐに眼科で診てもらいましょう。

 

加齢黄斑変性症の治療方法とは?

加齢黄斑変性症の治療方法は、大きく分けて

  • 生活改善
  • レーザー治療
  • 薬剤注入治療

といった方法があります。

 

加齢黄斑変性症にも、進行が早い種類と遅い種類があります。

進行が遅い種類は【非滲出型】と言い、軽症の場合は、食生活の改善などで経過観察となります。

進行が早い種類は【滲出型】と言い、軽症の場合は、入院不要のレーザー又は薬剤注入治療法で処置します。

 

加齢黄斑変性症が既に進行し、視力が低下している場合は、入院して治療する必要があります。

この場合は、レーザー治療となり、場合によっては薬事注入治療法も併用します。

 

いずれの場合でも、目にレーザーを当てたり、眼球に注射したりなどの治療なので、少し怖いですよね。

目が見えにくくなるよりは良いかもしれませんが、出来れば未然に防ぎたいところです。

私たちに出来る加齢黄斑変性症の予防法は、先ほどもご紹介しましたとおり、生活習慣の見直しです。

 

視界が歪む病気「加齢黄斑変性症」の予防は、生活を見直すこと。

加齢黄斑変性症の原因は【細胞の寿命】説が有力ということで、ご説明しました。

 

細胞の寿命は、紫外線などのダメージや、栄養不足などで早まってしまいます。

細胞の寿命が早まるということは、加齢黄斑変性症のリスクも高まるということです。

 

見えないところで、目へのダメージは蓄積されるものです。

そんなダメージから目を守るために、私たちの目は栄養を使っています。

例をひとつ挙げるなら、【ルテイン】という栄養があります。

このルテインは、紫外線やブルーライトなどの目に強い刺激のある光をブロックしてくれますので、加齢黄斑変性症の予防には必須の栄養と言えます。

 

目に良い栄養素はこちらにまとめてありますので、こちらもご参照ください。

目に良い食べ物と、その栄養成分の効果・効能とは?

 

しかしこういった目をダメージから守る栄養は、ついつい不足しがちです。

そんな時はサプリメントなどの栄養補助食品で補うことが可能です。

中でも【めなり】というサプリメントには、このルテインが多く含まれ、その吸収率を高くする仕組みが整っている商品です。

目のトラブルに嬉しいアイケアサプリメント【めなり】とは?

 

私たちに寿命があるように、細胞の寿命は止められません。

しかし、細胞の寿命を延ばすことは出来ます。

そのための生活習慣の見直しであり、私たちにできる最大の加齢黄斑変性症予防です。

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓