白内障は予防できる?早期発見法と進行を遅らせる方法

 

白内障は、緑内障と並んで、中高年の目のトラブルの代表的なものです。

40代の約30%、80代以上では90%もの人が白内障を患っています。

 

白内障は、放置しておくと最終的に失明してしまう可能性もある病気ですが、過度に恐れる必要はありません。

正しい知識を持っていれば予防もできます。

また、もし白内障になってしまっても、正しい治療や処置を行えば、進行を遅らせることも出来ます。

 

今回は、白内障の予防方法や早期発見法、白内障になってしまった場合の進行を遅らせる方法をご紹介します。

 

白内障の予防方法とは?

白内障を予防する方法で、最も効果的なことは、食を含む生活習慣を改善することです。

生活習慣を正すことは体にも良いですが、実は目にも良かったんです!

それでは、白内障を予防する食生活や運動習慣について見ていきましょう。

 

白内障を予防する食生活

白内障を予防するには、緑黄色野菜や、ビタミンCを含む野菜・果物を食べましょう。

緑黄色野菜に含まれるビタミンAは、目の細胞や粘膜の新陳代謝を促進します。

また、果物や生野菜のビタミンCは、白内障の舞台である水晶体の透明度を維持してくれます。

 

また、アーモンドや魚に含まれるビタミンEは血管の老化を防ぎ、豚肉などに含まれるビタミンB群は、目の疲労を軽減し、充血を鎮めてくれます。

その他にも、目に良い栄養素はたくさんあります。

詳しくは、以下の記事をご参照ください。

目に良い食べ物と、その栄養成分の効果・効能とは?

 

白内障を予防する運動習慣

適度な運動は、白内障の予防にも効果的です。

 

ただし、紫外線は白内障の大敵です。

紫外線を目に受けることによって、目に活性酸素が発生します。

目に発生した活性酸素は、白内障や角膜炎、黄斑変性などのさまざまな目のトラブルの元です。

 

ですので、紫外線の強い日中に運動する場合は、サングラスやキャップなどで目の紫外線対策をしましょう。

先述の食生活の改善と組み合わせることで、目に発生してしまった活性酸素を打ち消すことが出来ます。

(ビタミンA,C,Eを含む食べ物が効果的です。)

活性酸素で目が老化!?抗酸化作用のある成分をご紹介!

 

白内障の早期発見方法とは?

上記のように生活習慣を改善していても、加齢と共に白内障のリスクは高まってきます。

特に以下のような特徴の方は、白内障を発症するリスクが高いといえます。

  • 50歳以上の方
  • 糖尿病を患っている方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 喫煙者の方

これらの項目に当てはまる方は、よく注意して以下のチェックリストにいくつ当てはまるか確認してみてください。

 

白内障の早期発見チェックリスト7項目

  1. 目のかすみが気になる。
  2. 物が2重になって見える。
  3. 視力が悪くなってきた気がする。
  4. 光がまぶしく感じられる。
  5. 暗いところで物が見えにくい(目が慣れにくい)
  6. 白い光が黄色味がかって見える。
  7. 急に近場が見やすくなった。

これらの項目にひとつでも当てはまる場合、眼科で診てもらうことをオススメします。

 

白内障は目の「水晶体」が濁ることによって生じる病気です。

ただし、水晶体のどこから濁るかは人によってさまざま。

水晶体が濁りはじめる場所によって、自覚する症状も変わってきます。

ですから、上記のうちひとつでも当てはまった場合、白内障になっている恐れがあるので、眼科での診療をオススメしています。

 

さらに、上記の7項目に加えて

  • 糖尿病・アトピー性皮膚炎を患っている。
  • 喫煙者である。
  • 外にいることが多く、紫外線を多く浴びていると感じる。

これらの項目にも当てはまる方は、より一層眼科で診てもらうことをオススメします。

 

白内障の進行を遅らせる方法

恐らく、このページを来ていただいた方は、白内障に関心があるか、現在白内障に悩まれている方、あるいは加齢によって白内障が心配になってきているのではないでしょうか?

ここでハッキリと断言させていただきますが、白内障の進行を遅らせる方法は、医師の指示に従うことが最も賢い選択です。

 

現代はインターネットが発達して、気になることは調べればそれらしい回答が得られる場合もあります。

しかし、体の状態や白内障の進行状況などは、誰一人として同じではありません。

白内障は、進行すると失明さえしてしまう病気です。

民間に流れている情報を頼りにして、医師に頼らない方法ほど危険なものはありません。

 

白内障の進行を遅らせる方法は、お医者さんを頼りにしましょう。

 

白内障との付き合い方

最後に、白内障との付き合い方ということで締めくくらせていただきます。

白内障は、加齢と共にそのリスクが高まり、「誰でもかかる目の病気」と言ってよいでしょう。

ですから、その分研究も進んでいますし、きちんと対処すれば進行を遅らせたり、手術によって回復することも可能です。

 

白内障になってしまったからと言ってガッカリせず、きちんと眼科にかかって、予防したり進行を遅らせたりして、白内障と付き合っていきましょう。

 

かくいう私も、白内障を患っています。

と言っても、私は加齢ではなく目の怪我により、若くして白内障と付き合うことになりました。

私のプロフィールはこちら

10代から外傷性白内障の私の紹介と、目トラブルとの付き合い方

 

私もはじめは、自分の視界が薄く曇ってしまったことに大変なショックを受けましたが、今はわりと普通に生活しています。

(それでも、夜間の対向車のライトがまぶしく感じたりしますが。)

 

白内障と付き合わずに一生を終えることは、殆ど不可能です。

であれば、その付き合い方を模索する方法をとるのが賢明です。

 

とはいえ、出来れば白内障の発症年齢は遅いほうが良いですよね?

そうするとやはり、先に述べた「白内障の予防方法」のように、規則正しい生活習慣が必要になってきます。

 

ただ、まぁ人間そんなに規則正しくも生きていられないじゃないですか?

運動は気をつけるしかありませんが、目の健康に不足した栄養素は、現代では手軽に補給することが出来ます。

 

それが「サプリメント」です。

私も白内障を患っている身なので、目の健康には結構気をつかっているのですが、そろそろサプリメントも使ってみようかと考えているところです。

いろいろ探してみると、どうやら【めなり】というサプリメントが私には合っているように感じました。

目のトラブルに嬉しいアイケアサプリメント【めなり】とは?

 

また、目に良いサプリメントの選び方は、こちらにまとめています。

スマホの眼精疲労にも!ブルーベリーサプリと選び方について

 

規則正しい生活習慣を心がけつつ、「不足してるな」と思うものがあれば、こうしたサプリメントで補ったりして、白内障の発症を少しでも遅らせましょう。

ただし、発症してしまったら、白内障ではないかと心配になったら、スグ眼科です!

これは鉄則としておいてください!

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓