眼精疲労におすすめな市販の目薬はコレだ!【2017年最新】

 

サラリーマンや学生など、PC作業の増加やスマホの普及で、現代では目を酷使する状況がとても多いです。

眼精疲労に悩む人は、なんと日本人の約6割とも言われ、もはや現代病のひとつと言えます。

 

そのため、最近は眼精疲労を改善するための目薬も市販されるようになってきています。

しかし、目薬であれば、何でも眼精疲労に効くというわけではありません。

きちんと、あなたの眼精疲労に合った目薬を選ぶ必要があります。

 

そこで今回は、眼精疲労とは何か?というところから、2017年最新の、眼精疲労におすすめな目薬まで紹介していきます。

 

眼精疲労とは何か?疲れ目とは違うの?

多くの方が勘違いされやすいのですが

「目が疲れる」

ことが、イコール眼精疲労というわけではありません。

 

症状として、「目が疲れる」ということだけだと、それは“疲れ目”です。

疲れ目の場合は、基本的に目を休めたり、充分な睡眠をとれば治ります。

 

一方、眼精疲労というのは、疲れ目が重症化して、少し目を休めたり、睡眠をとったりしても治らない状態です。

その他、身体的な症状として

  • 目がかゆい、充血する、腫れる。
  • 目の奥が痛い
  • 文字がかすむ
  • 涙が出ない、又は涙が出すぎる(ドライアイの症状)
  • 頭痛、肩こり、全身のダルさ

といったものが現れます。

しんどいドライアイ、タイプ別の原因と改善・対処法を紹介!

 

また、精神的な症状として

  • イライラ
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 睡眠障害

といったものも現れます。

 

こうなってしまうと、市販の眼精疲労用の目薬は一時的な効果しか期待できません。

根本的な眼精疲労の解決には、精神面を含めて適切に処置していく必要がありますので、眼科での検診をおすすめします。

 

まとめると、眼精疲労と疲れ目の違いは

眼精疲労は、目の疲れが原因で様々な不調が起こり、なかなか治らない

疲れ目は、単純に目が疲れているだけで、休めば治る

ということになります。

疲れ目と眼精疲労の違いとは?その解消方法も紹介します!

 

眼精疲労に良い市販の目薬の選び方とは?

「眼精疲労 目薬」とネットで検索してみたところ

  • 防腐剤は避ける
  • 血管収縮剤は避ける

と書かれているサイトが多い印象を受けました。

 

しかし、目の充血を伴う眼精疲労などの場合は、時として血管収縮剤が必要な場合もあります。

そもそも、用法容量を守っていれば、さしたる副作用は出ないと言って良いでしょう。

また、これらの事に神経質になるよりも、気楽に選んだほうが、眼精疲労に良い目薬を見つけられることがあります。

 

ただし、極度のドライアイの方は目にストレスとなるので、人工涙液タイプの目薬を選びましょう。

目の乾燥・ドライアイにおすすめな市販の目薬は?人気の目薬をご紹介!

 

眼精疲労に良い市販の目薬を選ぶ際は、

「眼精疲労に良い成分が含まれているか?」

に注目すると、良い目薬を見つけられやすくなります。

(記事後半で、眼精疲労に良い成分をご紹介しています。)

 

眼精疲労におすすめな市販の目薬はコレ!【2017年最新】

薬局に行って「眼精疲労におすすめな目薬はありますか?」と効いたところ、こちらの目薬を紹介してもらえました。

その名もVロートプレミアム


>>AmazonでVロートプレミアムの現在価格をチェック!

昨年、ロート製薬株式会社から新発売された、眼精疲労の改善に着目した最新の目薬です。

ハードコンタクトレンズは着用したまま使えますが、ソフトコンタクトレンズは着用したままでは使えないようです。

 

最近では頻繁にCMも見かけるようになったので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

 

ロート製薬の公式サイトには、このような説明がありました。

以下に引用します。

国内最多の12有効成分*1を配合。現代人の疲れ目を科学し、その原因に多角的にアプロ-チします。
ピント調節機能を改善する成分を基準内最大配合*2。また、涙へアプローチし、涙液保持機能を持つコンドロイチン硫酸エステルナトリウムと、抗炎症効果機能を持つ3つの成分を配合。酷使して蓄積していくつらい疲れ目に。
目が疲れてリフレッシュしたい時にうれしい、気持ちのよいさし心地です。

*1:一般用眼科用薬製造販売承認基準内最多有効成分配合。
*2:一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合。

 

眼精疲労に効果的な市販の目薬の成分とは?

Vロートプレミアムには、防腐剤も血管収縮剤も含まれています。

 

先ほど、気楽に選んだほうが良い目薬を見つけられるとお伝えしましたが、

「やっぱりどうしても気になる!」

という方もいらっしゃると思います。

 

そこで、Vロートプレミアム以外の市販の目薬を選ぶ際に、入っていると眼精疲労に効果的な成分をご紹介します。

市販の目薬を選ぶ際の目安にしてみてください。

 

ネオスチグミンメチル硫酸塩(メチル硫酸ネオスチグミン)

筋肉収縮成分です。

目の疲れ、眼精疲労の元は目のピント調節をつかさどる筋肉のコリです。

目の筋肉を目薬によって収縮させることで、目薬の効果が切れるときに目の筋肉が弛み、目をリラックスさせることができます。

 

ビタミン類

ビタミンB6やパンテノール、酢酸d-α-トコフェノールなどのビタミン類は、目の新陳代謝を促して目の疲れを改善してくれます。

ビタミン類は、普段の食事から摂取することも効果的です。

内と外から、目の疲れを癒してあげましょう。

目に良い食べ物と、その栄養成分の効果・効能とは?

 

L-アスパラギン酸カリウム

目の細胞組織の呼吸を促進して新陳代謝を促し、目の疲れを改善してくれます。

 

タウリン

目の組織の栄養となり、新陳代謝を促して目を活性化してくれます。

 

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

角膜の組成成分です。

涙を角膜上に留めることで角膜表面を保護し、目の疲れを改善してくれます。

 

市販の目薬の血管収縮剤と防腐剤とは?

市販の目薬に含まれる血管収縮剤と防腐剤は、以下のような成分名で表示されています。

 

市販の目薬に含まれる血管収縮剤

  • 塩酸テトラヒドロゾリン
  • ナファゾリン塩酸塩

 

市販の目薬に含まれる防腐剤

  • 塩化ベンサルコニウム
  • ソルビン酸カリウム
  • パラペン

 

おわりに

眼精疲労におすすめな市販の目薬として「Vロートプレミアム」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

記事中でも触れたとおり、身体的・精神的な不調が出る「眼精疲労」になってしまったときは、眼科への相談をおすすめします。

 

でも、お医者さんにかかるのって、なんだか少し面倒ですよね?

ですので、疲れ目が重症化して眼精疲労になってしまう前に対策した方が、経済的にも精神的にも楽です。

 

そんな疲れ目の対策をするためには、体の中からも体質を改善する必要があります。

当ブログでは、体の中から疲れ目の対策ができるサプリメントをご紹介しています。

こちらの記事でご紹介しているので、ぜひご覧ください。

アイケアサプリメント【めなり】の口コミは?その信憑性も検証!

 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓