老眼鏡の正しい選び方~その老眼鏡、疲れませんか?~

「老眼鏡 選び方」

「老眼鏡 疲れる」

このように検索される方は、結構多いようです。

 

老眼鏡は、今は100円ショップなどでも売っているので、手軽に購入できるようになりました。

ところが、目の状態と言うのは人それぞれなのです。

老眼鏡を使用していて、疲れるなぁと感じる方は、老眼鏡の正しい選び方ができていないのかも知れません。

 

そこで今回は、老眼鏡の正しい選び方についてご紹介していきたいと思います。

 

老眼鏡の正しい選び方は「老眼鏡の処方箋」をもらうこと。

老眼鏡にも処方箋があるって、ご存知でしたか?

若い頃からメガネをかけていた方はご存知かもしれませんが、案外知らない方も多いようです。

 

風邪などをひいてお医者さんにかかると、診察の最後に「処方箋」を受け取って、薬局によってお薬を貰って帰りますよね?

処方箋は、お医者さんがその人に合ったお薬を選んで、

「この方には、このお薬を出してください」

と書いてくれるものです。

 

老眼鏡は「薬」ではなく「メガネ」なので、なんとなく違和感がある感じがします。

しかし、人の目は

  • 近視、乱視、遠視などの状態
  • 視力
  • その他の目の状況

といったように、人それぞれに違うものです。

眼科のお医者さんは、こうした人それぞれの目の状況に合った「正しい老眼鏡」の処方箋を書いてくれるのです。

 

「私は最近近くが見えにくくなった(老眼)こと以外、特に目の不調はなかった」

という方でも、「近視」「乱視」「遠視」のいずれかの状態であることがほとんどのようです。

眼科のお医者さんはこういったことも踏まえて、処方箋を書いてくれます。

 

正しい老眼鏡の選び方は

「眼科で検査して処方箋をもらう」

これに尽きるでしょう。

 

処方箋をもらったら、後はお好きなフレームなどを、眼鏡屋さんで選ぶことになります。

 

眼科で老眼鏡の処方箋を貰うメリット

疲れにくい老眼鏡を作ることが目的の場合、眼科で老眼鏡の処方箋を貰う最大のメリットは

「正しい老眼鏡が選べる」

ということでしょう。

 

ところが、眼科で検査してもらうことは、正しい老眼鏡よりもさらに大きな、しかもとても重要なメリットがあります。

それは、他の病気のチェックもしてもらえることです。

 

老眼鏡の処方箋を書くにあたり、眼科では各種の目の検査を行います。

 

具体的には

  • 眼底検査
  • 眼圧検査
  • 細隙灯顕微鏡検査
  • 成人病のチェック

といったことが挙げられます。

細隙灯顕微鏡検査は、目の総合的な検査のようなものです。

 

これらの検査では、代表例として緑内障糖尿病などがわかります。

緑内障は気付かないうちに進行していて、最悪の場合失明してしまう怖い病気ですが、これらの検査でチェックできます。

その他の目の病気も発見できることがありますが、早期に発見できれば治療可能です。

 

老眼が気になりはじめる40代~50代というのは、他の生活習慣病のリスクも増えてきます。

老眼が始まるのはいつから?意外と早い老眼の発症年齢と原因について

眼科で老眼鏡の処方箋をもらうついでに、生活習慣病のチェックまでできてしまうのは、大きなメリットです。

 

疲れる老眼鏡とは?

ここまでは正しい老眼鏡の作り方と、眼科で処方箋でもらうメリットについてお話してきました。

最後に、じゃあ疲れる老眼鏡ってなに?ということをお話したいと思います。

 

疲れる老眼鏡とは、ズバリ目にあっていない老眼鏡です。

皆さん、なんとなく想像はついたかもしれませんね。

では、目にあっていない老眼鏡が、どのように目を疲れさせるのかをご紹介します。

 

目にあっていない老眼鏡で目が疲れる仕組み

目は物を見るとき、「毛様体」と「チン小帯」という2つの目の構造がピント調節を担っています。

「毛様体」と「チン小帯」が、水晶体をひっぱったり緩めたりして、水晶体の厚みを変えて、ピントを合わせているのです。

 

目にあっていない老眼鏡を使うと、しっかりピントを調節しようとして、必要以上に「毛様体」や「チン小帯」が頑張ってしまいます。

メチャクチャ働いたら、私たちも疲れてしまいますよね?

目にあっていない老眼鏡を使うのは、目をメチャクチャ働かせているようなものです。

こうして、目が疲れてしまうのです。

 

老眼鏡を作るときは、まず眼科へ

いかがでしたでしょうか?

老眼鏡を作る際は、まず眼科に行ったほうが良いということが、少しでも伝わりましたら幸いです。

 

私は目の怪我と白内障ですが、眼科の先生には大変にお世話になりました。

あのとき、眼科の先生がいなかったら、私の右目は今頃見えていません。

眼科の先生には、これからも一生感謝して生きてゆくことでしょう。

私の詳しいプロフィールはこちら

10代から外傷性白内障の私の紹介と、目トラブルとの付き合い方

 

目は一生付き合っていく、もろくて大切な機関です。再生もできません。

老眼鏡もそうですが、目の事は妥協せず、眼科に行ってきちんと相談しましょう。
 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓