ブルーベリーは効果がない?嘘?目に良い効果について検証してみた

「ブルーベリーは効果がない」

「ブルーベリーの効果は嘘」

 

このような話が、まことしやかに囁かれています。

実際私も、ブルーベリーが目に良い効果をもたらすのかについては、多くの時間をかけて調べてきました。

いくつもの文書を検証し、その結果わかったのは、「目に良い効果は期待できる」ということでした。

 

今回は、ブルーベリーが眼に与える効果について、検証した結果を公開します。

 

そもそもブルーベリーの効果って?

そもそもブルーベリーの効果とは、ブルーベリーの皮に含まれるアントシアニンの効果と言い換えられます。

議論のほとんどが「アントシアニンは目に良い効果を与えるのか?」というものです。

 

ブルーベリーの皮に含まれるアントシアニンには、

  • 血行促進作用
  • 血管保護作用
  • 白内障の予防
  • 抗酸化作用
  • ロドプシンの再合成

といった効果が期待されています。

 

なぜブルーベリーは効果がないと言われるの?

ブルーベリーは目に良い効果がない、嘘と言われる理由1.誤解

ブルーベリーが目の機能を改善する効果について書かれた論文を読みました。

この論文では、

  • 視野
  • 暗順応(暗いところで、徐々に目が慣れてくる現象です。)
  • 流涙量

などについて観察していて、結論として「ブルーベリーは目の機能改善に効果なし」としていました。

でも、目の機能って、これだけではないですよね?

例えば、ピント調節機能とかも、目の機能ですよね。

 

そして、この論文には、大きな誤解があります。

それは、「普通に食べる量のブルーベリーで、目の機能改善に効果がある」という前提です。

ブルーベリーにはいくつも種類があり、中には全くアントシアニンが含まれない種もあります。

 

この論文では、ブルーベリーを1日に10粒未満しか与えていません。

率直に申し上げますと、目の機能改善が期待できるアントシアニンの摂取量に、全く及んでいません。

後ほどご紹介する海外の研究では、アントシアニンをはるかに多く含む野生のブルーベリー(ビルベリー)を、被験者に与えています。

果たしてこれで、ブルーベリーは目の機能改善に効果なしとして良いのでしょうか?

 

ブルーベリーは目に良い効果がない、嘘と言われる理由2.誇大広告による勘違い

誇大広告による勘違いで、ブルーベリーは目に良い効果がない、嘘だと言われてしまっている部分があります。

もともと海外で流行っていた「サプリメント」という文化が、日本にも入ってきました。

そして今、その市場規模は1.5兆円とも言われています。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンも、サプリメント化され、様々な商品が出回っています。

サプリメント販売業者は、サプリメントを売りたいため、アントシアニンが、さも目の健康全てに良いような文言で広告を出していました。

つまり、「誇大広告」です。

今ではそのような広告は規制されていますが、かつてはひどい状態でした。

 

しかし、知識のある人々はこのようなウソに騙されず、我々を騙すような広告をする「アントシアニンサプリメント」を否定し始めました。

このように、ブルーベリーは目に良い効果がない、嘘だといわれる理由には、誇大広告による勘違いが生んだ誤解も含まれます。

 

ブルーベリーが目に良いという検証結果の根拠は?

ブルーベリーは目に良い効果がない、嘘だと言われる理由について見てきました。

しかし、それらは「認識不足」や「過剰反応」が生んだものであり、真実だとは言い切れません。

ここからは、ブルーベリーが目に良いという検証結果の根拠について、ご紹介します。

 

ブルーベリーが目に良いという検証結果1.網膜症への効果

海外の研究では、目の機能改善について「効果がある」とした研究結果があります。↓

(Perossini M et al, Diabetic and hypertensive retinopathy therapy with Vaccinium myrtillus anthocianosides (Tegens) double blind placebo-controlled clinical trial. Annali di Ottalamaologia e Clinica Oculistica. 1987;113(12):1173-1190)

 

この研究では、糖尿病性網膜症や高血圧性網膜症の患者に、ブルーベリーの野生種(ビルベリー)を与ています。

そして、「77%~90%の症例に対して、蛍光血管造影パターン改善が認められた」と結論付けています。

平たく言うと、77%~90%の症例で網膜の血管の状態に改善が見られたということです。

これは、目の機能改善とは言えないのでしょうか?

 

ブルーベリーが目に良いという検証結果2.白内障の進行抑制

こちらも海外の研究ですが、老人性白内障の進行を遅延させたという結果が出ています。↓

(Bravetti GO, et al. Preventive Medical Treatment Of Senile Cataract With Vitamin E and Vaccinium Myrtillus Anthocianosides: Clinical Evalution. Ann Ottalmol Clin Ocul. 1989; 115(2): 109-116.)

 

この研究では、老人性白内障の患者50人に、ビタミンEとビルベリーエキスを複合させたサプリメントを4ヶ月間与えました。

その結果、97%の症例で、水晶体の白濁の進行が遅くなったという結果が出ています。

白内障の進行が遅くなることは、目にとって良い効果ですよね?

 

検証の結果、私はアントシアニンが目に良い効果が期待できると判断しました。

これらの検証結果を総合して、私は

「ブルーベリーに含まれるアントシアニンに、目に良い効果は期待できる」

と判断しました。

 

巷でよく言われる、「ロドプシンの再合成を促進する効果が、目の疲れに良い」ということについては、研究結果が見つからなかったので、何ともいえません。

しかし、少なくとも、白内障や網膜症には効果が期待できるでしょう。

私も白内障を患っていますので、アントシアニンの効果には期待しています。

10代から外傷性白内障の私の紹介と、目トラブルとの付き合い方

 

また、アントシアニンには抗酸化作用があります。

活性酸素は目の老化も早めますから、抗酸化作用は目の若さを保つのにも大切です。

アントシアニンが目に良い効果をもたらすことは、大いに期待できるのではないでしょうか?

 

これらの事実を踏まえて、ブルーベリーは目に良い効果がない、嘘だと断定するのは、個人的には「飛躍しすぎでは?」と思います。
 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓