抗酸化作用が目に良いとされるアスタキサンチンの効果・効能とは?

アスタキサンチンは、その強い抗酸化作用で、美容や健康に良いと注目されている天然由来色素のひとつです。

美容や体の健康のエイジングケア商品に利用されることの多いアスタキサンチンですが、実は目にも良い効果・効能があるのです。

 

今回は、アスタキサンチンの基本情報と、アスタキサンチンの効果・効能と目に良い理由についてご紹介します。

 

アスタキサンチンって何?抗酸化作用って?

アスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻という小さい藻類が生み出す、赤い色素です。

食物連鎖の過程で、最終的にエビやカニ、シャケに取り込まれます。

シャケの身のオレンジ色や、エビやカニを加熱した時の赤さもアスタキサンチンの色です。

 

抗酸化作用とは、体の中に発生した「活性酸素」を除去するはたらきのことを言います。

本来、活性酸素は、体に進入してきたバイ菌やウィルスなどをの「異物」を酸化して退治する役目があり、体にとっては大切なものなのです。

しかし、多すぎると、今度は自分の体も酸化して攻撃してしまいます。

活性酸素には「適量」があり、体の中の活性酸素の量を適量に保ってくれるのが、抗酸化作用の効果です。

 

活性酸素は、適量であれば必要なものなので、人間の活動のほとんど全てによって発生します。

しかし、ストレスや紫外線などの環境によっても、活性酸素は発生します。

そのため、現代人の体の中では「活性酸素が多すぎる状態」になっている可能性があるのです。

 

先ほど、シャケの身のオレンジ色はアスタキサンチンの色とお話しました。

実はシャケ、アスタキサンチンの抗酸化作用をフルに活用している生き物なのです。

シャケの遡上というのは、皆さんご存知かと思います。

生まれた川に、産卵のために戻ってくるというシャケの習性のことです。

シャケは遡上するときに、とても大きな力を使います。

力を使うとき、酸素が消費され、活性酸素が発生します。

この活性酸素から身を守るため、シャケは大量のアスタキサンチンを体に蓄えているのです。

 

また、シャケの卵「イクラ」の赤い色も、アスタキサンチンの色です。

シャケの卵は、川の浅瀬に産み付けられます。

アスタキサンチンは、強力な紫外線から卵を守っているのです。

 

アスタキサンチンの効果・効能と目に良い理由とは?

アスタキサンチンの効果・効能については、やはりその抗酸化力に注目です。

抗酸化作用のあるビタミン類は他にもβカロテンやリコピンなどがありますが、その中でもとりわけ強力です。

ビタミンEにも抗酸化作用がありますが、アスタキサンチンの抗酸化力は、なんとビタミンEの1,000倍とも言われています。

 

抗酸化作用は、冒頭でもお話したとおり、美容やエイジングケアといった点で注目されています。

しかし、目も体の一部です。

アスタキサンチンが目に良い理由は「目のエイジングケア」ができると言うことです。

 

「目のエイジングケア」が出来ることにより、白内障や老眼の発症を遅らせる効果も期待できるでしょう。

白内障や老眼の最大の原因は「加齢」ですからね。

 

また、眼精疲労やピント調節改善・視力改善効果もあり、いずれも多くの臨床実験で効果が証明されています。

 

でも、最も効果が期待できる目のトラブルは、【緑内障】だと思います。

緑内障の原因のひとつに「眼圧」があります。

眼圧が上がってしまうことで、目が圧迫されて、視神経が死んでしまうのです。

緑内障の症状は視野が欠けるというものですが、こうして視神経が死んでしまうことが原因なのです。

 

眼圧が上がってしまう原因は、目の角膜と水晶体の間を満たしている「房水」が滞ってしまうことです。

房水は絶えず循環しているため、眼圧は普通、一定です。

しかし、房水の排出が上手くできなくなると、房水が滞り、目が圧迫されてしまいます。

 

そして、房水の排出口が詰まってしまう原因が、過剰に発生した活性酸素だと言われています。

抗酸化作用は、こうした過剰な活性酸素を除去してくれますので、緑内障に効果的です。

 

アスタキサンチンの効果的な摂取方法は?

強い抗酸化力が魅力のアスタキサンチンですが、効果的に摂取するにはどうしたら良いのでしょうか?

わたしたち人間は、アスタキサンチンを体内で作ることが出来ないので、外から取り入れるしかありません。

ですので、アスタキサンチンを多く含む食べ物から摂取するのが効果的です。

 

また、多くの実験で目の機能の改善効果が見られたのは、1日に6mg以上のアスタキサンチンを摂取した場合でした。

つまり、目のためにアスタキサンチンを摂るのであれば、1日に6mg以上必要ということです。

これを踏まえて、食べ物に含まれるアスタキサンチンの量を見ていきましょう。

 

食品名 食品100g中のアスタキサンチン量
オキアミ 3.0~4.0mg
紅シャケ 2.5~3.7mg
イクラ 2.5~3.0mg
銀シャケ 2.3mg
甘エビ 0.8~1.0mg
車えび 0.6~0.7mg

 

食品の中では、オキアミが最も多くのアスタキサンチンを含んでいますね。

でも、オキアミって普段食卓に並ばないですよね(笑)

魚釣りをする方ならなおさら、「餌」のイメージです。

 

最も手軽なのは「紅シャケ」ですね!

普通スーパーに売っているシャケは、だいたい1切れ100gです。

目のためにシャケからアスタキサンチンを摂るのであれば、1日に2切れ食べる必要があります。

 

う~ん・・・これでは塩分の方が気になります(汗)

 

そこで活用したいのが、サプリメントです。

サプリメントであれば、アスタキサンチンが手軽で効果的に摂取できます。

アスタキサンチンのサプリメントの中でも、驚異的な人気を誇るのが「アスタブライト」というサプリメントです。

 

このアスタブライトには、1日分3粒あたり8.1mgものアスタキサンチンが贅沢に配合されています。

また、ルテインやDHA・EPAも配合されたスペシャルなサプリメントです。

 

アスタブライトは、Amazonでは約5,500円、楽天は約9,000円で販売されています。

しかし、公式サイトなら、1,834円(税抜き)で購入できます。

興味のある方&アスタブライトの詳細を知りたい方は、公式サイトをご覧ください。


 

当ブログオススメ! アントシアニンサプリランキング!

目の健康を考えるあなたに向けて、当ブログでは3つのアントシアニンサプリを厳選してランキング化しました!

ランキングでは、老眼や加齢、仕事などで疲れやすくなった目がスッキリできるようなアントシアニンサプリをご紹介しています。

昔のようなスッキリした生活を取り戻したいあなたは、ぜひ見ていってください!

↓↓↓